NY&Canada

「魅惑のヴォイス」デビュー

2008/09/02 Canadaへ

日本からカナダへ

お昼12:00福岡空港を出発!成田へ!成田からトロントへ。日本を出発して10時間以上も飛行機に乗ったのに到着したのが09月02日15:45。時差がマイナス14時間。得した気分?長時間タバコが吸えなかったのでホッと一息!まだ元気!(^^)

トロント到着後、早速「TheRex JazzBar」へ

ボンドプレイスホテルにチェックイン。荷物を置いて、早速「TheRex JazzBar」へ。アイスコーヒーを頼んだら首をかしげるウエーター。その後「OK」と言い持ってきた物は、ホットコーヒー&氷の入ったグラス!・・・確かにアイス・コーヒーだ(@@)少しお腹が空いたので「ナチョス」を頼んだら・・・凄いボリューム(@@)これで5ドル?安すぎ!

初めてCanadaで歌った

TheRexでは凄いギタープレーヤーが演奏していた。こんなプレイを聞いたら緊張するなぁ(^^;)ボーカリストのBeverlyさんとサックスプレーヤーの旦那さんと合流。楽しい会話が盛り上がった!その後、Beverlyさんがステージに立ち私の紹介をしてくれた。ステージに立った私。皆の視線が痛い(><)ところが「Our Love Is Here To Stay」を歌いだした途端、声援が(@@)
ステージ近くまで寄ってきてNiceのポーズをする老夫婦や皆、注目して聞いてくれた。初めてCanadaで歌った!やったぁ!

その後の笑い話

ステージを降りてBeverlyさんがに歌って下さいよーと言ったら「ココはボーカルに冷たいから遠慮しておくわ」って!ええええぇ(@@)そんな所で私歌ったんだ(><)無事、お客様も喜んでくれて良かった。良かった(^^;)その後、サインを求められた。Beverlyさんいわく「日本から有名人が来てると思ってるのよ」だった。えええぇ(^^;)それから何人かのプレーヤーと会話していたら外人と思っていたドラムが日本人と言う事が判った。彼の名前はMasato Kawaharada。埼玉出身だそうだ。彼はRexで時々ドラムを叩いているとの事、彼いわく「6ヶ月ぶりに日本人を見ました」だって!世界に飛び立ち頑張っている青年!カッコイイね

DSC00354.JPG
DSC00356.JPG
DSC00358.JPGDSC00360.JPG
DSC00361.JPGDSC00359.JPG

クリックすると拡大します。

DSC00357.JPG

2008/09/03 日本料理屋Live

トロントを歩く

DSC00368.JPGDSC00372.JPGDSC00370.JPGDSC00377.JPG
2日目はトロントを歩いてみました。まずは腹ごしらえ!ホットドックを食べて満足!トロントの町並みです!天気も良くご機嫌気分!

世界を旅する青年

DSC00374.JPG日本人発見!彼は世界をこの楽器を持って廻っているそうです。彼の側に書いていたボードには「僕は英語が話せません。だから音楽で話します」と英語で書いていた(英語出来るじゃん(笑))その横の地図には自分が行った国に赤い印が(アフリカ・ベトナム・インドetc・・・)凄い!思わず「日本に帰ってきたら一緒に演奏しましょう!」と言ったら「2年後に日本に帰る予定だから、その時に電話します」と!うわー2年もまだ世界を廻るつもりなんだ!若者も捨てたもんじゃないじゃん!

写真をクリックすると動画が見れます

日本料理店でJazzLive

DSC00379.JPGDSC00382.JPG
DSC00395.JPGDSC00393.JPG
夕方からはバイオリニストのSun MurataさんとLiveでした。刺身など有り日本にいるような気分!ギターリストでカナダに4年住んでいるKoji Horiさんとも初共演。バイオリン:Sun村田。ギター:Nobuyuki Yoshimoto&Koji Hori。ボーカル:Mik@Tsukiyama。楽しかった(^^)その後、中華の美味しいお店に行った!このラーメンがテレビにも出たぐらい有名らしい?スープがとても美味しかった。

2008/09/04 Chalkers Pubで歌う

お昼Jazzカフェ

お天気最高です。今日はバイオリニストのSun MurataさんとNobuyuki YoshimotoさんのカフェLiveを聞きながらランチをしました。美味しいパンの香りとJazzの生演奏。贅沢なひと時(^^)ふと道路を見ると女性警官が馬に乗って歩いています!さすがCanada!素敵な光景。LinkIcon※お昼Jazzカフェ動画見れます
NVE00001.pngDSC00398.JPGDSC00397.JPGDSC00396.JPG

夜は「Chalkers Pub」で歌う

P2008_0904_210844.jpg夜はボーカルのBeverlyさんと一緒に「Chalkers Pub」へ。沢山のプレーヤーが居た。熱気ムンムンの店内。The Rexで会った黒人ドラマーと会い軽くお喋り!今日はBeverlyさんがステージに立ってくれた(^^)ステキ!その後、私の番が来た。廻りは外人ばかり(私が外人か?(^^;)声援と拍手の中、無事ステージが終った!ふーと一息、していたら沢山のプレーヤーが声をかけてくれる「NiceVoice!」など嬉しい言葉と握手!日本では絶対無い風景だ!日本人はシャイなのかな?今日は、Rexで知り合ったドラマーのMasato Kawaharadaさんとも合流して楽しいひと時を過ごしました!

写真は左からMasato Kawaharadaさん Mik@Tsukiyama NormanMarshallVilleneuveさん Beverlyさん Nobuyuki Yoshimotoさん 

DSC00410.JPG

写真をクリックすると動画が見れます

2009/09/05 ナイアガラの滝へ

地下鉄で迷子

DSC00415.JPG朝からドラマーのMasato Kawaharadaさんが働くバーガーショップに行くつもりで地下鉄へ。でも地下鉄が判らない(涙)迷いに迷って諦めて帰りました(>、)残念!会いたかったなぁ(^^;)

ナイアガラの滝へ出発

DSC00420.JPG午後からは「ナイヤガラの滝」のツアーを予約して行ってきました!バス・・・長かった(汗)途中の休憩スポットで凄い物発見!何?このロープウェイ(@@)あぶなーーーーいい!聞いたら危ないので今は使用していないとか?うんうん。これは遊園地のアトラクションより怖い(@@)そして、今回のバスツアーは自分で手配したので日本人が誰も居ないバスに乗りました。旅行会社を通さず自分で手配をすると安く、しかも外人ばかりで英語を話さなきゃいけないので、これまたアトラクションみたいで楽しい!

ナイアガラの滝に到着

ナイアガラの滝です。カナダ側から見たほうが綺麗に見えるんだね(^^)ラッキー!しかし凄い水の量だねー。マリリンモンローの映画でナイアガラの滝が舞台になった映画があったけど、あれもカナダ側から撮影したらしい(^^)
DSC00423.JPGDSC00429.JPGDSC00434.JPGDSC00432.JPG

ナイアガラの滝を見ながら食事

スタッフ写真 071.jpg夕食?はナイアガラの滝が見えるホテルのレストランで!バイキングを食べました。バイキングは食べ過ぎてしまうよね(汗)食後のコーヒーを飲んでフリーTime(^^)v

ナイアガラの滝に接近

ナイアガラの滝の下まで船に乗って行きました!水しぶきが凄いので無料でカッパを貸してくれました。船に乗ったら盲目の団体が居た。皆元気に風を感じて水しぶきを顔にあてナイアガラを感じてワーワーとはしゃいでいた!見えなくても感じる喜びって大切なんだね。ナイアガラの滝を楽しんだ後は町をお散歩!アトラクションのような町です。ショッピングもゲームもお化け屋敷もあって見るだけで楽しかった!観覧車に乗ったら何回廻っても係りの人が下ろさない(汗)5回ぐらい廻ってやっとドアを開けてくれた(@@)得したのか?時間の無駄だった?(^^;)
DSC00422.JPGDSC00437.JPGDSC00441.JPGDSC00449.JPGDSC00452.JPGDSC00450.JPG

2009/09/06 New Yorkへ

NewYorkに到着

l_PEN.jpgトロント11:15出発 New York12:43 到着しました。アメリカだぁ!New Yorkだぁ!ホテルはペンシルバニアホテル。ペンシルバニア駅の通りの向かいに建つ便利なホテル。フロントはお祭りのように人が多い。便利なホテルだけど難点が1点。アルコールを飲まない私はコーヒーが好き。しかしコーヒーメーカーが無い(><)毎回、外に買いに行くのが不便でした。日本からコーヒーを持ってきていたけどお湯も沸かないので無理だし(涙)残念

Hide Tanakaさんに会いに行く

Hide Yahoodi-s.JPGNewYork到着初日は今回のレコーディングを一緒にしてくださるウッドベースのHideTanakaさんに会いに行きました。今日はHideさんは高級ホテルのラウンジで演奏のお仕事が入っていたので、そのホテルを探して合流。お金持ちが泊まるホテルはこんなホテル?うっとりするような絨毯に高級な家具達!その中心にグランドビアノ。その横でセッティングしているHideさんを発見!挨拶をして、しばしJazzを聞く!Hideさんのウッドベースとピアノのサウンドが心地良い(^^)幸せ!こんなベースで私はレコーディング出来るんだぁ(^^)凄く嬉しい気分になりました!

2009/0907 Cleopatra's Needleで歌う

自由の女神でしたかった事

DSC00457.JPGDSC00459.JPGDSC00467.JPGDSC00468.JPGDSC00481.JPGDSC00480.JPG
New Yorkに来たのだから「自由の女神」が見たい!そう思ってマンハッタンの名所を廻るツアーにGo!

DSC00482.JPGそう、このポーズがしたかったの!女神と一緒のポーズ!ううううう満足!ブラボーーーー。その後、記念の品物を買おうと見ていたら・・・集合時間だぁーーーダッシュで精算!と思いきや、とろすぎる定員。しかも居なくなった!おおーーーい。もう船が出る!仕方なく買うのを諦めて集合場所へ!無事皆と合流!ふぅ

ワールドセンター&国連本部

DSC00486.JPGDSC00488.JPGDSC00489.JPGDSC00485.JPGスタッフ写真 119.jpgDSC00494.JPG
ワールドセンターにも行きました!鉄の十字架に文字が刻まれていて、そこだけに9・11の匂いが残っていますが、今は綺麗な町並みに変化しています。New Yorkのパワーを感じます!9・11の後、皆、悲しみに耐えていた時、New York州はミュージカルのチケットやブルーノートのチケットを皆に無料で配ったそうです。「こんな時こそ、頑張っていこう!」そんな思いが伝わるエピソードですね。日本ではまず無い発想です。(^^)貰ったチケットで初めてブルーノートに行ったプレーヤーが多いとか?NewYorkのプレーヤーはブルーノートなんて高くって行けないそうなんです。有名なプレーヤーを近い距離で見れて楽しかったそうです。そしてプレーヤーも9・11事件で全ての仕事がキャンセルになったそうです。大変な時期だったとか・・・しかし今は 復旧もし 昔より治安の良い町に変化し 演奏依頼は逆に増えたそうです。その後「国連本部」に行きました!地下1Fでハガキが送れると聞いたので日本にハガキを1枚送ってみました!みんなぁ元気だからね(^^)v

セントラルパークでしたかった事

スタッフ写真 124.jpgセントラルパークでやりたかった事が一つ!「バンドワゴン」のミュージカルの舞台となったセントラルパーク。ここで二人が熱いダンスをして愛を確かめた後、馬車に乗って立ち去るシーンがある!アタシも場所に乗って、主人公になりたい!しかもミュージカルと同じ馬車がいい!セントラルパークの横には馬車が何台も停まっています。一番前の馬車から乗らなくてはいけないのですが、「バンドワゴン」で乗っていた馬車は黒馬だった。しかし停まっているのは白やグレーやマダラ模様の馬(涙) その後ろにお目当ての馬車発見!交渉するが一番前から乗らないとダメだと言われ諦めてずーとお目当ての馬になるまで待っていたら、向こうの人が諦めてお目当ての黒馬の馬車に乗せてくれた(^^)やったぁーー。20分間セントラルパークをゆっくり馬車に乗って見ました(@^^@)風が気持ちよい。

Cleopatra's Needleで歌う

cleos-2.jpgCleopatra's Needleに夕方4時に行きました。夕方なのに満員です。この人達は働いているのかな?と思うくらいに、もうビールなど飲んで陽気なムードです。ドラマーは日本人の方でめちゃめちゃ上手だった!日本人で頑張っている人多いね。感動!プレーヤーに楽譜を渡したけど見てない(汗)まぁNYのプレーヤーで楽譜を見ながら演奏しているのは見た事無いけど。そこは日本と海外の違いかな?全て楽譜は頭に入っているみたい(^^)「Our Love Is here To Stay※動画」と「Cry Me A River※動画」を歌いました(^^)沢山の拍手と声援。やはりココも日本と違いますね。表現力豊かです。ステージが終ったら色々な方とお話して楽しい時間を過ごせました。

Junior Manceに会いに行く

スタッフ写真 129.jpg有名ピアニストJunior ManceとウッドベースのHideTanakaさんが「Garage」で演奏との事なので聞きに行きました!生Junior Mance!最高のピアノです!そこにHideさんのベースが絡まって最高の時間でした。LinkIconJunior Mance HP

2008/09/08 Local 802&St.Nicksで歌う

New Yorkを空から見る

10分の贅沢をして来ました!New Yorkをヘリに乗って上から見る!10分のフライトでしたが、なんと操縦席に座らしてもらいました!少し怖かったけど気持ちよかった!「自由の女神」も上から見えました!大好きなNewYorkを独り占め?(^^)v
DSC00514.JPGDSC00516.JPGDSC00523.JPGDSC00520.JPGDSC00519.JPGDSC00518.JPG

Local 802で歌う

スタッフ写真 142.jpgフライトの後は「Local 802」に行きました。ここはNew York州が運営しているBAR?ケーキもコーヒーも全て無料。毎日、Jazzプレーヤーがココで演奏をしてバトルを繰り広げる空間です。殺風景な店内ですが(無料だからね)次から次へとプレーヤーがやってきます!ここでNY在住のウッドベーシストMarvie Asakuraさんと仲良くなれました。「Lover Come Back To Me※動画」をMarvie Asakuraさんのベースで歌いました(^^)プレーヤーでサックスを2本つなげて吹いている人がいたり、ボーカルでステージに立ったのに「自分のKey?そんなの知らないよ」なんて言うボーカルが現れたり(笑)そしたら「Keyが判らないとピアノが入れないよ」と言われていたけど、少し口ずさんだらピアニストは判ったみたいで演奏が始まった(^^)日本では有り得ない!自分のKeyも知らずにステージに立つなんて(笑)(^^;)さすがNY?写真は「Local 802」で一緒に演奏したピアニストの方です!その後、Marvie Asakuraさんと話が弾み、美味しい中華のお店に一緒に行く事に!すたすた早歩きは東京のスピードと似ている。福岡育ちの私は付いて行くので必死(汗)
中華はどんぶりで中に麺とご飯が入っていてキムチと塩を好みで入れながら食べる料理でした。久しぶりの「お米」美味しい!(><)やっぱ日本人やね

ハーレム149丁目「St.Nicks」で歌う

ハーレム.png中華を食べた後、ハーレムの話で盛り上がり!いざ、ハーレムへ!Marvie Asakuraさんが私の為にハーレム149丁目「St.Nicks」に連れて行ってくれました。感激!ありがとうございます!店内は満員!しばらくすると「日本からシンガーが来ました」とMCが入り私はステージへ!Lover Come Back To Me※動画を歌う事に!うううう感激!本当に楽しかった!MCも「電話番号教えて」なんてお茶目な場面も(笑)色々な国の人とお友達になり楽しい!このお店で一番びっくりしたのは「競い合い・戦争」のようなステージ!マイクを奪うようにサックスやトランペットが入ってきます。譲っていたら自分の順番が一生来ない(笑)しかもボーカルは一つのショーのように皆の心を独り占めするステージを作っていました。これでプロじゃないの?と思うくらい凄いステージング!熱いソウルを感じたシーンでした。途中 タバコを吸いに外へ・・・やはりハーレムです。少し怖い(>、)プレーヤーもタバコを吸いに外へ。ココのプレーヤーは去年 日本にツアーで行った事があるみたいで日本の色々な話で盛り上がりました!帰りはイエローキャブが来ない地域なので流しのタクシーを捕まえ値段交渉して無事ホテルへ到着。さぁ明日からレコーディングです

2008/09/09 レコーディング1Day

New York 初レコーディング

スタッフ写真 158.jpg
スタジオ「UpTime」はホテルから徒歩10分でした。ピアニストSteve Elmer さんとは初顔合わせ!優しい笑顔にホッ(^^)
エンジニアはM・Pさん。そしてウッドベースはHide Tanakaさん!挨拶をして、各自 セッティングへ。ワクワクします!ビアノはスタンウェイのピアノです!ボーカルはガラス張りのブースへ移動!ヘッドホンでペースとピアノを聞きます!さぁ念入りなセッティングも終わり、次に楽譜の打ち合わせ!Steve とHideは楽譜を見ながら お洒落なコードに変更したりと独自のカラーを作り出し始めました!どんな録音になるのか、またまたワクワク。今回は10曲レコーディング。その内1曲だけ日本語の歌を持ってきました。「竹田の子守唄」。Steve とHideに説明すると二人は聞いた事の無い曲なのにララバイのムード。悲しい表情を奏で出しました!この曲は1テイクOK。4時間のレコーディングはあっという間に終了。ホテルに戻り、録音された音源を聞いて明日のイメージを膨らましました!明日が本番です。4時間で10曲の録音です!
スタッフ写真 144.jpgスタッフ写真 145.jpgスタッフ写真 146.jpgスタッフ写真 149.jpgスタッフ写真 150.jpgスタッフ写真 151.jpg

New Yorkの風景

スタッフ写真 147.jpgホテルから見たNew Yorkの風景です。昔の建物が多く、彫刻が綺麗です。建物 建物にまるで物語があるかのようなお洒落な1シーン。今、私はNew Yorkに居るんだ!そう叫びたくなった(笑)

2008/09/10 レコーディング2Day

4時間で10曲

レコーディング2日目です。何曲か録音して休憩に入った時Steve が私に声をかけました「mik@ Are you happy?」・・・そうだ!私が楽しくなくっちゃ!私は初レコーディングに慎重になりすぎて基本を忘れかけていました!それからのレコーディングは自分が楽しんだテイクが取れました!うぁ!楽しい!そして録音をサイド聞きなおし、手直しが無いかチェック。Steve とHideと笑いが絶えないひと時でした。レコーディング終了。4時間で10曲!今回5時間しかスタジオを取っていないと聞いていたので10曲録音出来るか、失敗したら時間がないな?など心配していたのですが1時間早く終了出来て良かったです。最後は 仲間と記念写真!

スタッフ写真 157.jpgMika Recording 001.jpgスタッフ写真 148.jpgMika Recording 004.jpgスタッフ写真 160.jpgMika Recording 005.jpg

Hide'Roomからの眺め

スタッフ写真 164.jpgレコーディング終了後にHideさんのお家に遊びに行きました!17階?の眺めは最高です。なんて贅沢な風景!9・11事件の話を聞きました。あの事件があり、演奏の仕事は全てキャンセル。観光客O。大変だったそうです。そして、このベランダから、今は無きツインタワーが見えていたそうです。

スタッフ写真 162.jpgしかし、NYはそんな悲惨な事件から立ち直ろうと頑張ったそうです。その時、州が取った行動はミュージカルやプルーノートのチケットを無料で配ったそうです。こんな時こそ、もう一度笑顔を!そんな思いなのでしょう!日本では考えられない事ですね。今では治安も良く、演奏の仕事も増えたそうです。New Yorkの最高のロケーションとHideさんと写真を撮りました!

ホッとしたら・・・

それからHideTanakaさんとご飯を食べに行きました!楽しい会話と美味しい料理。皆の気分は盛り上がり、JazzBARに行こう!と言う話に!・・・しかし・・・寒い・・・頭が痛い・・・喉も・・・苦しい・・・ホッとしたのか、どうも風邪を引いたみたいです(><)仕方なくホテルに帰りました!その後、高熱と寒気で動けない状態に(@@)

09月11日~09月14日またCanadaへ

ロッキー山脈が消える?

スタッフ写真 266.jpg次の日09月11日はNewYorkから、またCanadaに飛びました。しかし、高熱は続き大変でした(汗)Canadaで印象に残ったのはロッキー山脈。私の好きな歌「Our Love Is Here To Stay」の曲の中で「僕達の愛は永遠さ。1年なんてもんじゃないんだよ。永遠なんだ。たとえロッキー山脈が崩れても僕達の愛は永遠なのさ」って歌詞があり、「ロッキー山脈」を見たかった!そしてガイドに聞いてみた!「ロッキー山脈は崩れないよね?」すると「いいえ。7千年後には、ロッキー山脈は平地になっているそうです。風などの影響で風化しているんです」「・・・ええええ、じゃー7千年後に生まれたら見れなかったんだね」

氷河の味は?

スタッフ写真 213.jpg風邪も落ち着いたので「氷河」を見に行きました!そして「氷河のペットボトル」発見。早速購入。飲んでみた・・・・美味しくない(笑)舌に残る味でした(^^;)500mlで400円もしたのに(涙)

アルバータービーフ

スタッフ写真 247.jpgせっかくのOFFなので 美味しい物が食べたくって現地の人に聞いたら皆「アルバータービーフ」と言う。本当に美味しいか食べに行きました!でかい!でかいステーキです!柔らかくって美味しい!今回のツアーで一番美味しかった!これは日本では食べれない!と思い。3日間ステーキ食べました(笑)ううう・・・お腹いっぱい!でも美味しい!

1箱1,400円?

スタッフ写真 299.jpgヘビースモーカーの私! 持ってきたタバコが切れてしまいCanadaでタバコを購入!どこにも「タバコ」と看板が立っていないので探すのが一苦労(^^;)見つからないはず?隠すように売っていた(@@)1箱購入。ええええ日本円で1,400円?ぐらい(@@)金か銀は入っているの?吸ってみた!・・・・ただのタバコ(><)じゃん!Canadaも室内禁煙。冬場は-40℃にもなるのに野外で吸うの?しかも1箱1,400円?これは禁煙しないとCanadaで生きていけない(@@)

09月15~16日 日本へ帰国

最後に・・・

とうとう日本行きの飛行機です。今回のツアーでは世界で活躍している日本人プレーヤーとの出会いや 海外に夢を求め飛び立った若者達との出会いがありました。日本から来た!それだけで色々な現地の日本人が私をサポートしてくれました。本当に感謝です。音楽があれば言葉は違っても通じる。演奏が始まった途端に仲間になれる。そんな沢山の経験をさしてもらいました。言葉が通じなくっても 通じる物「音楽は世界の言葉」です。2008年12月に発売予定のNewアルバム「mik@」楽しみにしてて下さい。ツタヤやタワーレコードの全国発売は2009年1月。大きなプロジェクトは動き出しました!

Thank you very much for your kindness    Mik@ Tsukiyama

Special Thanks

Steve Elmer/Piano

classicjazz-SteveElmerSolo.jpgI really enjoyed working with Mika on this album. Her uniquely dark and rich sound inspired me to search for a blend of contrasts, a real challenge. Each tune was different and Mika, Hide, and I had a ball making so much music. I think listeners will be pleased with the results. Steve Elmer, Piano

HideTanaka/WoodBass

Hide Yahoodi-s.JPGSteve and me smiled each other when she started sing first tune. Every song went smoothly like we doing this many times. You can hear our relaxed musical conversation.

Nob Yoshimoto/Jazz Inn bandWagon

This album is the first album of Mik@. She is a singer playing an active part in Fukuoka. A beautiful anthology was completed by two support of a great musician, Pianist STEVE ELMER Basist HIDE TANAKA. On September 9th, 10th 2008 Recording was in the mood of the all harmoniousness at UPTIME STUDIO in NEW YORK. This aibum is a collection of standard tunes , is finished in a splendid work by the interpretation that made use of an original voice in of Mik@. Mik@ is a great singer looking forward to activity in the future.

CDジャケット撮影風景

1001031689_83.jpg

日本に帰ったら早速、プロモーションビデオとCDジャケット撮影でした!メイク・ヘアー・カメラマンetc・・・才能あるアーティスト達が集結してのプロジェクトです。今回の撮影場所はスタジオで無く、お洒落なBARを貸しきって行われました!衣装も何着も用意しました。1カット、1カットごとに、即、ヘアーさん、メイクさんが来て手直し、1本の髪のヨレもないように真剣です。メイクさんはメイクの他に、衣装のヨレもチェックしてくれました。たった1枚の写真に沢山の人が係わり、沢山の思いが1枚の写真になる。長い長い撮影も無事、終了!お疲れ様でした。こうして撮った写真がデザイナーのセンスでデザインされてCDジャケットの完成です。レーベルやレコード会社など沢山の人達の力で1枚のCDが発売されるんですね。ありがとうございます!

DSCF3653.JPGDSCF3774.JPG
DSCF3732.JPGDSCF3798.JPG
この1ショットがCDのジャケットになりました!


ページの先頭へ

NewMoonレーベルから全国発売!

NewCD「mik@」

NewYorkレコーディング

BW_mikamika.JPG


1.Old Devil Moon
2.On a Clear Day
3.Smoke Gets In Your Eyes
4.Left Alone
5.I Didn't Know What Time It Was
6.Cry Me a River
7.Lover Come Back To Me
8.Our Love Is Here To Stay
9.What a Wonderful World
10.竹田の子守唄 Lullaby Of Takeda
全10曲 2,500円(税込み)
※今流れている曲は5番です
Vocal:Mik@Tsukiyama
Piano:Steve Elmer
WoodBass:Hide Tanaka

タイトル:mik@
アーティスト:月山美香
発売日:2009年01月28日
品番:NEWM-1
発売会社:エートゥーナンバーレコード
レーベル名:NewMoonレーベル

タワーレコードで購入

8Fk8FAC82b82c.JPG
¥2,500(税込み)
LinkIconTOWER RECORDS
※送料無料
※クレジットカードOK

CDをご購入されたお客様のご感想は
コチラLinkIconCD全国発売中























動画特集

世界を旅する青年

スタッフ写真 027.jpg彼は世界をこの楽器を持って廻っているそうです。「僕は英語が話せません。だから音楽で話します」

動画へGoLinkIcon

Canada Jazzカフェ

スタッフ写真 047.jpgバイオリニストのSun MurataさんとNobuyuki YoshimotoさんのカフェLiveを聞きながらランチをしました。

動画へGoLinkIcon

Chalkers Pub Canadaにて

スタッフ写真 053.jpgChalkers Pub にてプレーヤーと記念写真

動画へGoLinkIcon

ナイアガラの滝

スタッフ写真 070.jpgCanada側からナイアガラの滝を見ました

動画へGoLinkIcon

Cleopatra's Needleで歌う

NVE00004.pngNew YorkのCleopatra's Needleで「Our Love Is Here To Stay」を歌いました。

動画へGoLinkIcon

Cleopatra's Needleで歌う

NVE00001.pngNew YorkのCleopatra's Needleで「Cry Me a River」を歌いました。

動画へGoLinkIcon

Local 802で歌う

NVE00007.pngNew YorkのLocal 802で「Lover Come Back To Me」を歌いました。

動画へGoLinkIcon

St.Nicksで歌う

ハーレム.pngNew Yorkのハーレム149丁目、St.Nicksで「Lover Come Back To Me」を歌いました。

動画へGoLinkIcon

NY Studio

UpTime

live04.jpg今回レコーディングで使ったスタジオです。エンジニアのM・Pの腕は最高です

HPへGoLinkIcon

Canada Jazz Spot

Toronto「Chalkers Pub」

スタッフ写真 053.jpgカナダのトロントにあるお店です。毎日Liveがあります

HPへGoLinkIcon

Toronto「The Rex」

スタッフ写真 013.jpgカナダのトロントにあるお店です。ナチョスはボリューム満点でお勧め

HPへGoLinkIcon

America Jazz Spot

NY「Cleopatra's Needle」

cleos-2.jpgLiveを頻繁にしています。陽気なムードの楽しいお店です

HPへGo

NY「Local 802」

スタッフ写真 142.jpgココはNYが運営、コーヒーからケーキまで全て無料!

HPへGo

NY「St. NicKs」

stNicksPub-outside%204.jpgハーレム149番地。帰りの足は大変だけど、絶対お勧め!

HPへGo

Canada Hotel

Bond Place Hotel (Toronto)

7_th.jpgアクセスの良いホテルでした。コーヒーメーカーがあって助かりました。

HPへGoLinkIcon

Deer Lodge(Lake Louise)

YYC_DEER-exter-1.jpgテレビもエレベーターも何も無いペンション風ホテル。自然と一体した感じです

HPへGoLinkIcon

Jasper Inn (Jasper)

new elk.jpgのどかな場所にあり、リラックスでしました。買い物も食事も便利な町でした

HPへGoLinkIcon

Spruce Grove Inn(Banff)

YBA_GROV-exter-1.jpg最後に泊まったホテルです。コーヒーメーカーがあって嬉しかった。日本のテレビも見れました

HPへGoLinkIcon

America Hotel

PennsylvaniaHotel

l_PEN.jpgペンシルバニア駅前の便利なホテルでした。コーヒーメーカー無し(涙)

HPへGoLinkIcon